小林病院

文字サイズ変更

骨密度測定検査

2015/09/02

骨の健康診断を受けましょう

骨粗鬆症は、骨折の最大の危険因子であり、骨折発生率は年齢とともに上昇傾向にあり、
早期診断による適切な予防・治療が必要です。
骨折した場合は消化器疾患や心疾患などの合併症、寝たきりなどの症状の重症化をまねく病気です。

img2.png

骨粗鬆症とは?

「骨粗鬆症」とは、「低骨量でかつ骨組織の微細構造が変化し、そのために骨がもろくなり骨折しやすくなった病態」と定義されています。原発性骨粗鬆症患者は、老人や特に閉経後の女性に多く、高年齢化社会の到来により今後ますます増加することが予想されます。
男性、女性ともに加齢により骨量が減少しますが(老人性骨粗鬆症)、一般に女性は男性に比べ、最大骨量が小さいこと、また閉経があることにより、その後の骨量減少の程度が大きい為、骨粗鬆症になりやすいとされています(閉経後骨粗鬆症)。骨量減少は閉経前後より始まり閉経直後の減少程度が大きいため、40歳前後の女性は骨量(骨密度)測定をするのが望ましいという意見もあります。また、妊娠による突発的な骨量減少(妊娠後骨粗鬆症)、さらに近年、食生活の変化や無理なダイエットなどによる骨量減少もクローズアップされてきています。これらのことにより、骨塩定量を応用した検診、診断の重要性が提唱されています。

 

骨粗鬆症になるとどうなるの?

骨粗鬆症になると骨がもろくなるため、ちょっとつまずいて転倒しただけでも骨折しやすくなります。
骨粗鬆症に伴う骨折のなかで、もっとも頻度の高いものの一つに胸椎・腰椎の圧迫骨折があり、その他に大腿骨頚部骨折、上腕骨近位部骨折、橈骨遠位部骨折、肋骨骨折などの骨折も転倒を契機に起こるとされています。特に、大腿骨頚部骨折や胸腰椎部椎体骨折では寝たきりになることが多いとされており、そのため骨量減少を早期に発見し、治療を行うことが重要となります。

 

どんな検査をすればいいの?

骨粗鬆症を診断するためには、まず腰椎などのX線撮影を行い、骨の変化を見ます。そしてさらに定量的に診断するために骨塩量(骨密度)を測定します。骨密度値を測定する検査には、X線や超音波を用いた骨密度測定装置で測る方法、CT装置を用いて測る方法、手のX線写真の濃度を換算して測る方法などがあります。
それらの中で最も広く用いられている検査として、X線を用いた骨密度測定装置で測定するDEXA法があります。DEXA法とは、高低2種類の異なるエネルギーのX線を用いることによって筋肉や脂肪などの厚みに関係なく骨成分だけを抽出して測定する方法です。ですから、DEXA法を用いた骨密度測定装置(DEXA装置)は、体格などに左右されずいつも安定した測定値を得ることができ、骨密度測定装置のゴールデンスタンダードとなっているのです。

 

骨密度測定ってどんな検査?

当院では、腰椎・大腿骨の骨密度を測定できます。座ったままで非利き腕の手首の部分で測ります。
測定時間は約1分間で、すぐに結果が出てきます。X線による被ばく線量もごくわずかで済み、非常に簡単な検査ですので気軽に受け付けていただくことができます。

禁煙外来

2015/09/02

img2.jpg

禁煙外来とは

禁煙外来とは、喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、「ニコチン依存症」という病気としてとらえ、必要な治療を行うものです。一定の基準を満たしていれば、どなたでも健康保険を使用して受診できますので、タバコをやめたいと思っている方は是非ご受診ください。

 

当院の禁煙外来について

[ 外来実施日 ]
院長外来診察にて行っております。(水・日・祝以外の午前診療)
[ 受付方法 ]
完全予約制となっております。事前説明などがありますので、お電話にてお問い合わせください。
[禁煙治療の対象となる方]
・ ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト (TDS)によりニコチン依存症と診断された方
・ 〈1日の喫煙本数〉×〈喫煙年数〉が200以上の方
・ すぐに禁煙したいと思っている方
・ 禁煙治療を受けることを文書により同意された方
上記4要件をすべて満たす方が対象となります。

 

治療の流れ

初回診察で禁煙開始日を決定し、
1回目の診察から2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計5回、
禁煙の実行継続のための治療を行います。

※禁煙治療を受ける際の注意点
・ 禁煙外来は外来患者さんのみが対象です。
・ 患者さんの都合で受診できなかった場合は、治療中止となります。
・ 禁煙外来受診中に入院された場合は、禁煙治療は中止となりますので、ご注意ください。
・ 中断後に再度治療を希望された場合は、初回診察から起算して1年を超えなければ、
 保険診療は受けられません。
・ 薬の副作用が強い場合は、治療を中止することがあります。
・ 当院の禁煙外来は完全予約制です。まずはお電話にてご連絡ください。

 

禁煙補助薬について

当院では、禁煙のための補助薬としてバレニクリン(チャンピックス)、ニコチンパッチを使用しております。これらの薬が禁煙後の離脱症状を抑え、禁煙を助けてくれます。
※ニコチンパッチやニコチンガムは、当院では処方いたしません。

 

禁煙治療にかかる費用(全5回の目安)

・初・再診料・管理料等     ......... 約6,000円
・ バレニクリン(チャンピックス)......... 約 12,000円
(3割負担として)
※処方内容等により前後する可能性があります。

 

禁煙外来に関するお問い合わせ先

お電話、もしくは当院ホームページからお問い合わせください。

新しい創傷治療の考え方

2014/11/25

傷の治し方

当院では、創傷処置の方法に消毒せずに水でよく洗いシートで保湿して治す「湿潤療法(モイスト ウンド ヒーリング)」を取り入れました。
傷の治療では、「傷は乾燥させたほうがいい」「消毒薬でよく殺菌する」・・・といったガーゼで覆って早く乾燥させる方法が常識とされていました。
近年、「消毒と傷の乾燥は治りを妨げる」ことが知られるようになり、「すり傷」や「切り傷」の治療・処置法においても傷は乾燥させるより湿潤環境を保持すると早く綺麗に治ります。

傷を治す従来の常識 
・傷をよく洗う
・傷をよく消毒する
・傷にガーゼを当てる
・傷を自然乾燥させる
・「かさぶた」ができ取れたら治癒

傷を治す新しい考え方
・傷をよく洗う
・傷は消毒しない
・傷にガーゼは当てない
・傷は乾燥させない
・「かさぶた」がつくらない

湿潤療法(閉鎖療法)
・傷口を洗浄し,土や砂などの異物が残らないようにする。
・消毒はしない。
・創傷被覆材(ドレッシング材)を用いて傷口を閉鎖する。
・傷から浸みだしてくる体液(浸出液)が多い場合と少ない場合では,ドレッシング材が異なる。
・傷が治るのを待つ。浸出液があふれそうになったら,ドレッシング材を交換する。


なぜ消毒をしないか?

今までの常識では、傷にはまず消毒・殺菌となっているのですが、消毒薬は殺菌だけでなく、傷を治そうとしている浸出液の中の成分も殺してしまいます。
消毒しないと細菌感染するのではと思われがちですが、消毒薬で消毒しても皮膚表面だけが殺菌され、消毒薬の効果がなくなれば、消毒前の状態に戻ります。細菌がいるだけでは化膿しません。それよりも傷が乾いてしまうと、白血球などの「免疫細胞」は,傷口を守ることができないため、「感染」を起こしやすくなります。また、傷口に土や砂などが残っていると白血球の働きが妨げられるので、消毒をするよりも異物を完全に取りのぞくことがとても重要なのです。細菌は、傷の周りから進入するため、傷の周囲の洗浄がとても必要となります。消毒をせず傷の周囲を弱酸性の石鹸で洗い、水でよく洗い流すことが早く綺麗に治すコツとなります。化膿しているかどうかは、傷の周囲が赤く腫れているかどうかや浸出液の色や臭いで判断します。

なぜガーゼを当ててはいけないか

ガーゼは、通気性がよく傷からの浸出液を吸収し、乾燥させるために考案された素材です。傷からの浸出液には、傷を治す化学物質が含まれていて、それが自然治癒力となっています。
ガーゼで覆うとその成分まで乾燥させて「かさぶた」を形成し、傷の治癒の邪魔をします。かさぶたは、ガーゼに付着して治りかけの皮膚も一緒に剥がすこともあり、出血や痛みを伴い傷の治りを悪くします。
また、傷が乾いてかさぶたが出来ると、ひきつれて傷が「ずきずき」と痛むことがあります。

ドレッシング材とは何か?

ドレッシング剤とは、傷を湿潤環境に保つことで治りを早め、外部からの感染を防ぎ、痛みを和らげるなど優れた効果を発揮するシートです。
その効果は,ガーゼで治すよりも2倍近く傷の治りは早いと言われています。
しかし、ドレッシング剤にも種類があり、使用法を間違えると、感染が広がったり,傷が悪化したりすることがあります。傷の周囲に感染兆候がある場合には使用できません。
また、ドレッシング材は4~5日間貼ったままで傷を治すシートなので、浸出液が多く剥がれてきた場合やシート自体に痒みがある場合以外は交換する必要がありません。

【新しい創傷治療について】は http://www.wound-treatment.jp/ をご覧下さい。

お問い合わせ
03-3930-7077(新しい創傷治療について)                           
    

オープン型MRI検査について

2014/11/25

オープン型MRIの特徴

・従来のMRI装置と比べ内径が広く横が開いた構造になっているため、閉所恐怖症の方や小児・高齢者の方も安心して検査が受けられます。
・従来のMRI装置と比べ撮影時に発生する音が小さくなっています。
・検査する側にとっても患者様がいつも見えるため安心して行えます。

MRIってどんな検査?

・磁気を使って人体内部を撮影するため放射線被曝がなく安全な検査です。
・症状がない初期の脳梗塞や脳動脈瘤などが診断でき、病気の早期発見・予防に役立ちます。
・病変の質的診断や微小な病変部の発見に有効です。
・レントゲン写真ではわかりづらい神経や筋肉(靭帯損傷や断裂等)の診断ができます。

MRIの検査方法

・MRIの検査は寝たままの状態で30分程の時間がかかります。
・当院では患者様がリラックスできるように検査中に音楽を流しています。

※MRI(MagneticResonanceImaging)検査は、磁気を使って人体内部を撮影します。
 患者さんは動くことなく寝るだけでさまざまな方向から撮影することができ診断に有用な画像情報が得られます。

※当院のMRIはベッドの両側が320°開いたワイドオープン型のシステムを採用しましたので、検査時の圧迫感が非常に少なく、落ち着いた環境で検査を受けていただくことができます。

MRIの適応疾患

[ 脳神経外科領域 ]
脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脳血管病変、脳変性疾患、脳血管のスクリーニングなど
[ 整形外科領域 ]
頚椎、胸椎、腰椎の椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、骨軟部腫瘍、肩・脚・手足等緒関節の病変(特に靭帯断裂、半月版損傷)など
[ 腹部・骨盤内領域 ]
肝、胆、膵の腫瘍性病変、胆管、膵管のスクリーニング検査(MRCP)、腎臓、膀胱の腫瘍・子宮・卵巣の腫瘍出血など

※個人の方はまず、当院外来にてMRI検査を受ける必要性があるかご相談下さい。

医療機関の方はこちらからご予約願います。

経鼻(鼻から入れる)内視鏡検査について

2014/11/25

当院では、従来の細型式電子内視鏡に加え、新たに最新式の鼻から挿入する内視鏡を導入しました。
これは、右の画像のようにかなり細く鼻の穴から挿入が可能になりました。
直径わずか5.9ミリ!従来の約半分の極細経スコープ経鼻内視鏡検査はきわめてシンプル!
左右いずれかの鼻に微量の麻酔の入ったゼリーを塗るなどし準備は完了。鼻腔から咽頭、食道、胃へとスムーズに挿入されて行きます。
この間、ほとんどの患者さんは吐き気もなく、自然体で検査が進みます。心身共に苦痛の少ない検査で患者さんの負担が大きく軽減されています。

経鼻内視鏡の特徴

hanacamera_4.gif

・右図のように、スコープが舌根部を圧迫しないので嘔吐反射(オエッとなる反射)がありません。
・マウスピースの必要がないので検査中に話ができます。
・検査中に画面を見ながら病気の解説を聞いたり、質問をすることができます。
・検査前に鼻腔の麻酔を行いますので、鼻の痛みはほとんどありません。

経鼻内視鏡の問題点

・鼻腔が狭いと挿入ができないことがまれにあります。
・まれですが、検査後に鼻血が出ることがあります。

当院で検査を終わられた患者様に質問するとほとんどの方が『口から挿入する胃カメラに比べて鼻からの胃カメラのほうが楽だった。』とお答えになっています。 『胃カメラはしたいけれども、苦しくて二度とやりたくない。』とお考えの方は、ぜひこの方法を試して下さい。

最近胃の調子が悪いと思われている患者様はぜひこの装置で検査をお受けください。

検査の予約問い合わせは当院外科外来を受診していただくか電話にてお問合せ下さい。