花粉症とは、鼻腔内に入ってきたスギ等の植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることをいい、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。また、花粉症の他にダニなどのアレルゲンによって引き起こされる鼻炎は通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。最近では花粉症と通年性アレルギー性鼻炎の併発や、複数の花粉に反応する花粉症など、ほぼ一年中症状に悩まされるという人も少なくありません。

当院では、アレルゲン免疫療法(減感作療法)の一種で、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ体内に吸収させることでアレルギー反応を弱めていく舌下免疫療法を受けることができます。
お気軽にご相談ください。

舌下免疫療法(減感作療法)について

舌下免疫療法は、薬物療法やレーザー治療などのようにアレルギー症状を抑えるだけでなく、根本的にアレルギーを治療することができる唯一の治療法です。
舌の下に薬剤を投与、つまりアレルギーの原因物質(抗原)を少しずつ身体に与えることで、アレルギー反応を起こさないような身体にしていく治療法です。
原因となるアレルゲンを用いて行う治療法のため、原因となるアレルゲンを確定する確定診断(主に血液検査)が重要です。現在、スギ花粉症ダニアレルギー性鼻炎に対する治療が可能です。
適応はスギ花粉、ダニアレルギー共に5歳以上になります。治療は長期間(3~5年)かかります。
スギ花粉症に対する舌下免疫療法はスギ花粉の飛散時期中は治療を開始できません。したがって、飛散時期終了後の6月以降が開始時期となります。ダニアレルギーの場合はいつでも構いません。
妊娠中、妊娠を希望している方は、治療を開始することができません。治療を開始してから1週間程度の増量期を経て維持期となれば妊娠は可能です。

治療法の選択

小林病院舌下免疫療法

舌下免疫療法でのスギとダニの比較

小林病院舌下免疫療法

舌下免疫療法の治療スケジュール

小林病院舌下免疫療法

舌下法による免疫療法(減感作療法)

優れている点

  • ・舌下免疫療法は、医師の指導のもと初回以降は自宅で投与が可能で、安全性も高く一定の効果が報告されている治療です。
  • ・薬剤投与時の痛みがない。
  • ・通院回数が皮下投与法よりも少ない。
  • ・治療を継続しやすい。
注意点

  • ・スギの免疫療法はスギ花粉飛散期には始められません(5月~12月頃までに開始します)。
  • ・治療には3年~5年、毎日治療薬を飲み続ける必要があります。
  • ・初めて薬を服用する時(実際は再診1日目)は午前11時までにご来院下さい。
    薬局で薬をもらった後、当院に戻っていただき院内で薬を服用し、30分間待合室で様子を見る必要があるためです。
  • ・服用後2時間は激しい運動や入浴は控えて下さい。
  • ・ 熱があるときなど体調が悪い時は、副作用が出やすいため服用しないで下さい。
  • ・ スギとダニの両方を舌下免疫で行う場合は、投与間隔を1分以上あけて下さい。
    (同時の服用は避けて下さい。)
  • ・ 万全の対策を講じますが、重大な副作用が生じる可能性があります。
  • ・ 副作用に対して対処できるように、家族がいる場所で日中の服用が推奨されています。
  • ・ 以下の方には施行できません。
    スギまたはダニのアレルギーでない方、重い気管支喘息の方、妊娠中の方。
    舌下に1分間薬を保持できない、副作用を訴えることができない方

副作用

副作用が発生しないか、十分な注意が必要なのは次の場合です。

  • ・服用後少なくとも30分間
  • ・服用開始初期(およそ1カ月)
  • ・スギ花粉が飛散している時期
主な副作用
 

以下の副作用は治療開始後1ヶ月間やスギ花粉飛散期(スギ免疫療法の場合)に起こりやすいといわれています。

  • ・口の中の副作用(口内炎、舌の下の腫れ、口の中の腫れ)
  • ・喉、耳のかゆみ、頭痛など
重大なな副作用

アナフィラキシーショック

薬物などに対する過敏反応により、投与後多くの場合30分以内で、じんま疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白、意識の混濁など)がみられることが、ごく稀にあります。

治療効果

スギ花粉、ダニアレルギー性鼻炎ともに以下のような臨床試験の結果が報告されています。

  • ・約8割の方に効果がありました。
    そのうち、約2割の方は症状が出なくなりました。
    残りの約6割の方は症状が改善しました。
  • ・残念ながら、約2割の方には効果がありませんでした。

舌下免疫療法のQ&A

Q1. 舌下免疫療法ってどんな治療?

アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)を少量ずつ投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。今までのアレルギー治療は対症療法でしたが、根本的な治療が期待できる治療です。

Q2. どんなアレルギーに有効なのですか?

現在、スギ花粉症とダニのアレルギー性鼻炎に適応があります。またハウスダストアレルギーの原因のほとんどはダニによるものと言われておりますので、ハウスダストアレルギーの方にも有効です。

Q3. 何歳からできますか?

スギ花粉、ダニアレルギー共に5歳(できれば小学生)以上となります。
下記に舌下免疫の治療薬を記載します。
【スギ花粉症】
シダキュア(鳥居薬品)
【ダニアレルギー】
ミティキュア(鳥居薬品)

Q4. 治療期間はどの位ですか?

毎日、舌の下に薬を置いて内服する治療となります。治療期間は少なくとも3年以上は必要で、場合により4年~5年までのことがあります。 短期間で治療を終了しますと、治療終了後の効果が持続しないと考えられています。

Q5. 治療を始めるのに必要な検査はありますか?

血液検査によるアレルギー検査でスギ・ダニが陽性であることが必要です。

Q6. 治療ができない人はいますか?

妊娠中・近々妊娠希望の方、重症な喘息、重い心臓疾患がある方はできません。また高血圧でベータブロッカーという薬を内服している方は他の薬に変更する必要があります。

Q7. 通院回数はどのくらいですか?

治療開始後1~2回は2週間毎、副作用なく安全に治療できていることが確認できましたら、月1回(4週毎)の通院となります。

Q8. いつでも開始できますか?

スギ花粉症の治療の場合は、スギ花粉が飛んでいない時期に治療開始となりますので、5月中旬~12月となります。ダニアレルギーの場合はいつでも可能です。

Q9. 費用はどの位かかりますか?

保険適応3割負担の場合

シダキュアスギ舌下錠:初めの1週間123円、2週間以降は28日分で1230円
(初め1週間:58.6円/錠×7日×0.3、2週目以降:146.4円/錠×28日×0.3)

ミティキュアダニ舌下錠:初めの1週間144円、2週間以降は28日分で1730円
(初め1週間:68.2円/錠×7日×0.3、2週目以降:205.9円/錠×28日×0.3)

Q10. 実際に5歳からでも開始できますか?

舌の下方に薬剤を1分間保持しないといけないので、それができる子供でないと開始するのは難しく、実際は小学生からのスタートをお勧めしています。

Q11. 治療中は他の薬は飲めないですか?

舌下免疫の治療中でも、アレルギー症状が出たら、今までの治療薬(抗ヒスタミン薬など)を使うことは問題ありません。ただし、ステロイドの内服薬は控えて頂く必要があります。

診療の流れ

衝撃波の担当医は小林院長です。
現在、予約制ではなく、一度受診をお勧めします。

月・火・木・金・土曜日(水曜日以外)の午前中です。
初診の方は9-11時までに受付をして下さい。
(診察時間は9-12時です)

学会・所要で不在の時もありますので、事前に診察の確認をお願い致します。

小林病院院長 小林匡

担当医

院長

小林 匡(ただし)

私の経験

以前の私は花粉症とは無縁で、全く症状は無かったのですが、ある年に突然、目がかゆくなり、鼻汁が水のように出るようになってしまいました。これが花粉症かと思い、少し残念な気持ちになっておりました。当時、皮下注射する皮下免疫療法はあったのですが、注射は痛みがあることと、通院が面倒であったため、対処療法としての一般的な抗ヒスタミン剤を中心とした薬物療法を受けていました。しかし残念なことに年々症状が悪化し始めていきました。

そんな中、2014年に舌下免疫療法が開始されました。「これは本物だ!」と直感し、早速、開始しました。最初は舌の下に1分間シロップ(現在は錠剤です)を保持しているのが面倒でしたが、むしろ毎日やることで慣れていき、当たり前のようになりました。実際、あまり苦にはならなかったです。これくらいで花粉症が克服できるのであれば、やる価値は十分にあると思いました。3年経ったところで、症状が改善したとはいえまだ症状があり、もう少し良くなりたいというのが正直な気持ちでした。そこでさらに2年続け、最終的に5年間、服用し続けました。

現在、服用を終了してから2,3年が経ちますが、私としては十分に満足しています。効果は印象として、症状が1/3から1/2くらいまで改善したように思います。少なくとも毎日目がかゆい、鼻汁がでるということはなく、外出する際は軽い抗ヒスタミン剤を飲み、点眼薬を使用する程度です。治療を受けて良かったと実感しています。また副作用もありませんでした。

最後に、この舌下免疫療法は薬物療法やレーザー治療などのように、アレルギー症状を抑えるだけでなく、根本的にアレルギーを治療することができる、唯一痛みを伴わない治療法だと身をもって実感しております。